国内外ニュース

ソマリアで爆発、23人死亡 掃討作戦に過激派対抗か

 爆発の現場から運び出される負傷者=28日、モガディシオ(AP=共同)  爆発の現場から運び出される負傷者=28日、モガディシオ(AP=共同)
 【ナイロビ共同】ソマリアの首都モガディシオ中心部のホテル前で28日、トラックに仕掛けられた爆弾が爆発し、AP通信によると少なくとも23人が死亡、30人超が負傷した。国際テロ組織アルカイダ系の過激派、アルシャバーブが犯行声明を出した。

 モガディシオでは14日に別のホテル前で爆弾が爆発し、350人以上が死亡する同国史上最悪のテロが発生。アブドラヒ大統領はアルシャバーブの掃討作戦を強化すると宣言しており、アルシャバーブが対抗した可能性がある。

 28日の爆発は、政治家が頻繁に利用する大統領府近くのホテル前で起きた。

(10月29日9時40分)

国際(10月29日)