国内外ニュース

フィギュア宇野昌磨がGP3勝目 スケートカナダ、本田真凜は5位

 5位に入った本田真凜のフリーの演技=28日、レジャイナ(AP=共同)  5位に入った本田真凜のフリーの演技=28日、レジャイナ(AP=共同)  男子フリーの演技を終え、笑顔の宇野昌磨=レジャイナ(共同)  男子フリーの演技を終え、笑顔の宇野昌磨=レジャイナ(共同)
 【レジャイナ(カナダ)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ最終日は28日、レジャイナで行われ、男子で昨季の世界選手権2位の宇野昌磨がショートプログラム(SP)に続いてフリーも197・48点で1位となり、合計301・10点でGP3勝目をマークした。

 SP8位の無良崇人は合計186・66点で最下位の12位に終わった。

 女子はGPデビュー戦でSP10位と出遅れた16歳の本田真凜がフリーで3位の125・64点を出して巻き返し、合計178・24点で5位。SP6位の本郷理華はフリーも6位となり、合計176・34点で6位だった。

(10月29日11時26分)

スポーツ(10月29日)