国内外ニュース

クルド議長任期延長せずか 自治議会が権限分割議論へ

 【イスタンブール共同】ロイター通信は28日、イラク北部クルド自治政府トップのバルザニ議長が11月1日以降、任期を延長しないと伝えた。自治政府当局者の話としている。バルザニ氏は議長権限の分割計画を盛り込んだ書簡を28日に自治政府議会に送付しており、議会が29日に議論する予定という。

 自治政府は9月、イラクからの独立の是非を問う住民投票をバルザニ氏の主導で強行。その後、自治区外で実効支配していた油田地帯キルクークなどを中央政府側に奪われ、バルザニ氏の辞任を求める声が野党を中心に高まっていた。

 バルザニ氏は2005年に議長に選出。

(10月29日6時25分)

国際(10月29日)