国内外ニュース

台風22号、太平洋側に大雨 東北沖で温帯低気圧に

 傘を差し、信号待ちをする人たち=29日夕、東京・渋谷  傘を差し、信号待ちをする人たち=29日夕、東京・渋谷  台風22号の予想進路(29日18時現在)  台風22号の予想進路(29日18時現在)
 台風22号は29日、日本列島の南の海上を東に進み、北寄りに進路を変えて30日午前0時ごろ、東北の東の海上で温帯低気圧になった。前線の活動も活発化し、九州から関東の太平洋側を中心に大雨となり、宮崎県では記録的な雨が降った地域もあった。温帯低気圧の影響で、30日は北日本を中心に雨や風が強まる。

 気象庁によると、宮崎県では、宮崎空港(宮崎市)や日南市で29日朝までの24時間雨量が400ミリを超えて過去最大になった。延岡市では最大瞬間風速40・7メートルを記録した。台風の東進に従って、午後には東海や関東甲信で雨量が増加した。

(10月30日1時10分)

社会(10月30日)