国内外ニュース

三菱UFJ、店舗最大で2割減も 収益強化へ費用構造見直し

 三菱東京UFJフィナンシャル・グループ本社=東京・丸の内  三菱東京UFJフィナンシャル・グループ本社=東京・丸の内
 三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の三菱東京UFJ銀行が、国内約480店舗のうち1~2割程度の削減を検討していることが29日、分かった。デジタル技術の駆使などで9500人分の業務量を減らす。費用構造を大幅に見直して収益力を高めるのが狙いだ。みずほフィナンシャルグループや三井住友フィナンシャルグループも含めた3メガバンクは今後、単純合計で3万2500人分の業務量を減らすことになる。

 三菱UFJは、策定中の2018年度からの中期経営計画で収益強化の具体策を打ち出す見通しだ。デジタル技術を活用した無人店や、人員を減らした「軽量型」店舗への置き換えも進める。

(10月29日13時05分)

経済(10月29日)