国内外ニュース

名城大が12年ぶり2度目の優勝 全日本大学女子駅伝

 1位でゴールする名城大のアンカー・玉城かんな=仙台市青葉区  1位でゴールする名城大のアンカー・玉城かんな=仙台市青葉区  12年ぶり2度目の優勝を果たし、笑顔で記念撮影する名城大チーム=仙台市青葉区  12年ぶり2度目の優勝を果たし、笑顔で記念撮影する名城大チーム=仙台市青葉区
 全日本大学女子駅伝は29日、弘進ゴムアスリートパーク仙台から仙台市役所前市民広場までの6区間、38キロで行われ、名城大が2時間5分15秒で12年ぶり2度目の優勝を果たした。大東大が2時間5分50秒で2位に入り、2大会ぶりの優勝を狙った立命大は2時間6分46秒で3位だった。

 4位からは大阪学院大、関大、東農大、日体大と続き、8位の城西大までが来年の出場権を得た。前回大会優勝の松山大は13位に終わった。

 名城大は立命大と18秒差の2位でたすきを受けた5区で1年生の加世田梨花がトップを奪い返し、6区の玉城かんなが区間1位の走りでリードを広げた。

(10月29日17時51分)

スポーツ(10月29日)