国内外ニュース

自治州首相ら解任措置に抵抗 カタルーニャ独立問題

 【バルセロナ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州の独立問題で、中央政府に解任されたジュンケラス州副首相は29日付の地元紙で「プチデモン州首相や私は今も、職権を失っていない」と述べ、州自治権停止の措置に基づく解任に抵抗する考えを表明。

 中央政府はプチデモン、ジュンケラス両氏の解任を28日に公示。州警察のトラペロ長官も解任した。

 ジュンケラス氏は「民主的な選挙で州住民の意思が明示されるまで、われわれは職権を失わない」と明言。中央政府が発表した12月21日の州議会選挙への参加を示唆したとも受け止められるが、解任への具体的な対応は明らかにしていない。

(10月29日20時45分)

国際(10月29日)