国内外ニュース

バド、西本と山口は準優勝 フランス・オープン

 男子シングルス決勝でプレーする西本拳太=パリ(共同)  男子シングルス決勝でプレーする西本拳太=パリ(共同)
 【パリ共同】バドミントンのスーパーシリーズ(SS)フランス・オープンは29日、パリで各種目の決勝が行われ、男子シングルスで予選から勝ち上がった西本拳太(トナミ運輸)は第8シードのスリカンス・キダンビ(インド)にストレート負けし、SS初制覇を逃した。

 女子シングルスで第5シードの山口茜(再春館製薬所)は世界ランキング1位で第1シードの戴資穎(台湾)に0―2で敗れた。

 2007年に始まったSSは五輪と世界選手権に次ぐ格付けで年間12大会を実施している。

(10月30日1時06分)

スポーツ(10月30日)