国内外ニュース

疑惑捜査にトランプ氏反論 「ロシアと結託せず」

 【ワシントン共同】昨年の米大統領選でロシアとトランプ陣営が選挙干渉で共謀した疑惑捜査を巡り、トランプ大統領は29日、ツイッターで「いんちきの『トランプ陣営とロシアとの結託』など存在しない」とあらためて強調し、一連の捜査に不満を爆発させた。捜査に関しては、30日にも関係者の訴追が取り沙汰されている。

 この日、トランプ氏は24分間でツイッターに4回投稿。民主党が「よこしまな政治目的のために魔女狩りをしている」と恨み節をつづった。

 捜査対象を大統領選の民主党候補だったクリントン元国務長官や民主党に向けるべきだとの考えも示し「何かしろ!」と訴えた。

(10月30日5時11分)

国際(10月30日)