国内外ニュース

関西医大副院長がカラ出張 100万円不正受領

 関西医大病院(大阪府枚方市)の副院長の男性教授(63)が、海外の学会に行ったと偽ったカラ出張で、計約100万円を不正に受け取っていたことが30日、大学への取材で分かった。教授は事実を認めており、大学は31日付で諭旨退職処分にする。

 大学によると、教授は米国とオーストリアで開催された学会に参加したと虚偽申告し、飛行機代や宿泊費などを不正に受け取っていた。9月に外部から情報提供があり大学が調査。教授は「魔が差して請求した。申し訳ない」と話している。

 教授は肝胆膵外科が専門で1990年から大学に勤務。13年に副院長となった。

(10月30日12時45分)

社会(10月30日)