国内外ニュース

中国の配車アプリが日本へ進出 国内最大手のタクシー会社と連携

 中国の配車サービス最大手、滴滴出行が日本進出を計画していることが30日分かった。日本のタクシー最大手、第一交通産業(北九州市)と連携し、2018年春にも東京都内でスマートフォンのアプリを使った配車サービスを始める。既に第一交通と協議を始めた。

 配車サービスはアプリで出発地と目的地を指定すると登録した運転手が迎えに来る仕組み。日本では自家用車を使った有料送迎が原則禁止されているため、タクシーを活用する。

 滴滴出行と第一交通は、まず都内で約500台をアプリで配車できるようにする方向。

(10月30日15時56分)

経済(10月30日)