国内外ニュース

京都地検、無痛分娩事故不起訴に 「納得できない」と夫が会見

 無痛分娩の事故で院長が不起訴処分となったことを受け、記者会見する夫=30日午後、京都市  無痛分娩の事故で院長が不起訴処分となったことを受け、記者会見する夫=30日午後、京都市
 京都府京田辺市の医院で2012年、麻酔で痛みを和らげる「無痛分娩」の際に母子が意思疎通のできない重い障害を負った事故で、京都地検が院長を嫌疑不十分で不起訴処分としたことを受け、夫(55)が30日、京都市内で記者会見し「なぜこのような結論になるのか十分に納得できていない」と無念さをにじませた。

 事故でロシア人のエブセエバ・エレナさん(40)と長女みゆきちゃん(4)が寝たきり状態になる障害を負った。夫は「本当に残念だ。学会でこうあるべきだというやり方は示されているが義務化されているわけではない」と指摘した。

(10月30日19時15分)

社会(10月30日)