国内外ニュース

授賞式に被団協・田中氏らが出席 ICANのノーベル平和賞

 田中熙巳氏、藤森俊希氏  田中熙巳氏、藤森俊希氏
 ノーベル平和賞が決定した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の授賞式への出席者について、日本原水爆被害者団体協議会(被団協)は30日、田中熙巳代表委員(85)=長崎で被爆=と、藤森俊希事務局次長(73)=広島で被爆=の2人に決めたと発表した。

 被団協はICANと連携し、核廃絶運動を行って来た。ICAN側から要請を受け、出席する被爆者の人選を内部で進めていた。12月10日にノルウェー・オスロで開かれる授賞式では、カナダ在住のサーロー節子さん(85)=広島で被爆=が演説する予定であることが既に明らかになっている。

(10月30日20時36分)

科学・環境(10月30日)