国内外ニュース

海賊版誘導サイトで聴取へ 著作権侵害疑い、大阪府警など

 漫画や書籍を無断でコピーしたインターネット上の海賊版サイトのURLをリンク先としてまとめ、利用者を誘導する「リーチサイト」を巡り、大阪府警や福岡県警などの合同捜査本部が近く、著作権法違反の疑いがあるとして、サイト運営者ら数人を一斉に事情聴取する方針を固めたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者らによると、リーチサイトは海賊版を直接掲載していないが、無料での閲覧を利用者に促し、著作者が本の販売を通じて得る利益を実質的に侵害しているとして問題視されていた。捜査本部は、運営者らが海賊版の公開にも関わった疑いがあるとみて実態解明を進める。

(10月31日2時06分)

社会(10月31日)