国内外ニュース

FRB議長にパウエル理事 米大統領方針、2日指名へ

 パウエルFRB理事(ロイター=共同)  パウエルFRB理事(ロイター=共同)
 【ワシントン共同】トランプ米大統領が、米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長にFRB理事のジェローム・パウエル氏(64)を指名する見通しとなった。米主要メディアが30日、一斉に報じた。トランプ氏は11月2日に人事を発表する方針。現職理事からの起用で、景気拡大に伴ってゆっくりとしたペースで金利を引き上げていくFRBの現在の基本方針は引き継がれるとみられる。

 米紙ワシントン・ポストやニューヨーク・タイムズなどが相次いで報じた。来年2月3日に任期満了を迎えるイエレン現議長は異例の短さとなる1期4年で退任する。

(10月31日6時45分)

経済(10月31日)