国内外ニュース

襟裳岬でPAC3訓練 ミサイル上空通過受け

 航空自衛隊襟裳分屯基地で公開された、PAC3部隊の展開訓練=31日、北海道えりも町  航空自衛隊襟裳分屯基地で公開された、PAC3部隊の展開訓練=31日、北海道えりも町
 航空自衛隊は31日、8~9月に北朝鮮の弾道ミサイルが北海道・襟裳岬(えりも町)付近上空を相次いで通過したことを受け、岬に近い空自襟裳分屯基地(同町)で、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)部隊の展開訓練を公開した。

 空自北部航空方面隊司令部(青森県三沢市)によると、えりも町での展開訓練の公開は初めて。空自千歳基地(北海道千歳市)所属のPAC3部隊が襟裳分屯基地に移動し、展開作業を確認。訓練終了後は千歳基地に戻る。

 これとは別に、防衛省は9月、空自八雲分屯基地(北海道八雲町)に置いていたPAC3部隊を陸上自衛隊函館駐屯地(函館市)に移し、展開させている。

(10月31日10時30分)

社会(10月31日)