国内外ニュース

野党の質問時間削減反対を確認へ 6党派の国対委員長

 立憲民主、希望、共産、自由、社民、「無所属の会」の野党6党派の国対委員長は31日午前、国会内で会談した。国会での野党の質問時間を削減して与党分を拡大する自民党案への反対を確認。11月1日に特別国会が召集されるのを踏まえ、安倍首相の所信表明演説や実質審議も求めるとみられる。

 6党派での合意後、立憲民主の辻元国対委員長が、自民党の森山国対委員長に申し入れる予定だ。

 自民党は衆院選前から、与党と野党で質問時間を「2対8」に配分する慣例の見直しを主張していた。

 野党は「この割合は、自民党が野党時代に質問権を確保するため求めてきて決めた」などと反発を強めている。

(10月31日11時10分)

政治(10月31日)