国内外ニュース

アライグマ4匹を逃がした疑い 飼育の女を書類送検、全国初

 飼育されていたアライグマ(警視庁提供)  飼育されていたアライグマ(警視庁提供)
 特定外来生物のアライグマ4匹を許可なく飼育した後に逃がしたとして、警視庁生活環境課は31日、外来種被害防止法違反の疑いで、大阪府富田林市に住むアルバイトの女(43)を書類送検した。同課によると、特定外来生物を逃がした同法違反容疑の摘発は全国初。

 アライグマは北米原産。気性が荒く野生化すると農作物などへの被害が深刻化するため、特定外来生物に指定されている。

 書類送検容疑は3月下旬~9月14日、国の許可を得ずに自宅などでアライグマ4匹を飼育し、同14日に大阪府太子町の山中に放出した疑い。

(10月31日11時21分)

社会(10月31日)