国内外ニュース

初冠雪と紅葉が共演、鳥取・大山 中国地方の最高峰

 初冠雪が確認された国立公園・大山=31日午前、鳥取県大山町(共同通信社ヘリから)  初冠雪が確認された国立公園・大山=31日午前、鳥取県大山町(共同通信社ヘリから)
 紅葉が見頃となっている中国地方の最高峰、鳥取県の国立公園・大山(1729メートル)で31日、今季の初冠雪を確認した。昨年より2日早く平年に比べ1日早い。

 気象台に代わり目視で観測している大山町によると、おとといからの雨が雪に変わり、今朝は山頂の雲も取れ、8合目付近まで白くなっていることが確認できたという。

 うっすら粉砂糖のように山頂に降りかかった雪と錦におりなす紅葉の共演を間近に見ようと、中腹にある高台には写真愛好家や観光客らが息を弾ませ詰めかけていた。

(10月31日11時31分)

暮らし・話題(10月31日)