国内外ニュース

平昌、北朝鮮が参加意思と報道 五輪組織委は未確認

 リョム・テオク(上)、キム・ジュシクの北朝鮮ペア=9月(ゲッティ=共同)  リョム・テオク(上)、キム・ジュシクの北朝鮮ペア=9月(ゲッティ=共同)
 【平昌共同】フィギュアスケートのペアで2018年平昌冬季五輪出場枠を獲得した北朝鮮が、同五輪への参加意思を国際スケート連盟に伝えたと30日、韓国のSBSテレビが報じた。大韓体育会関係者の話として伝えた。大会組織委員会は31日、「確認できていない」とした。同日に平昌で行われた記者会見では呂事務総長が「平和の五輪を目指している。(北朝鮮が)参加すると想定して準備を進めている」と述べた。

 北朝鮮はペアのリョム・テオク選手、キム・ジュシク選手が9月の五輪予選を兼ねた大会で、全競技を通じて初めて出場枠を手にした。

(10月31日12時22分)

国際大会(10月31日)