国内外ニュース

日銀、物価見通し引き下げ 17年度0・8%、企業慎重

 日本銀行本店=東京都中央区  日本銀行本店=東京都中央区
 日銀は31日、金融政策決定会合を開き、2017年度の物価上昇率の見通しを従来の1・1%から0・8%に引き下げた。企業が顧客離れを警戒して値上げに慎重で、物価の伸びが鈍いため。今後は人件費上昇などによって物価上昇の勢いが強まると判断し、物価上昇率2%の目標を達成する時期は「19年度ごろ」を維持した。早期実現に向け、短期金利をマイナス0・1%、長期金利を0%程度に抑える現行の金融緩和策の据え置きを決めた。

 国内景気の現状判断は前回と同じ「緩やかに拡大している」とした。

 31日午後に黒田東彦総裁が記者会見し、経済と物価の見通しなどについて説明する。

(10月31日12時40分)

経済(10月31日)