国内外ニュース

ヤマト、初の中間営業赤字 1949年の上場以来

 ヤマト運輸本社=東京・銀座  ヤマト運輸本社=東京・銀座
 宅配便最大手ヤマトホールディングスが31日発表した2017年9月中間連結決算は、営業損益が128億円の赤字(前年同期は209億円の黒字)となり、1949年の上場以来、初めて中間営業赤字に転落した。純損益も120億円の赤字(同115億円の黒字)。未払い残業代の費用に加え、人手不足を背景に人件費や外部委託費がかさんだ。

 売上高は前年同期比3・3%増の7298億円だった。18年3月期は、宅配便の運賃値上げ効果などにより採算が改善し、売上高は1兆5020億円、純損益が120億円の黒字とそれぞれ予想した。売上高は従来予想から上方修正した。

(10月31日21時35分)

経済(10月31日)