国内外ニュース

歩く姿もシャンシャンと 上野の子パンダ140日

 寝室内で過ごすシャンシャン=31日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)  寝室内で過ごすシャンシャン=31日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)
 上野動物園(東京都台東区)は31日、生後140日を迎えたジャイアントパンダの子ども、シャンシャン(香香、雌)の近況を公表した。歩き方がさらにしっかりしてきており、木製の台座と壁の隙間に入ってつかまり立ちをしたり、かじって遊んだりする姿も見られる。

 30日に実施した身体検査では、体重は10日前の前回より500グラム増えて9・1キロ、体長は3・6センチ伸びて77・8センチだった。まだ母乳で育っているが、母親のシンシンが食べている竹をかむことも。

 渡部浩文副園長は「今後ますます活発になり、高いところに登ることも考えられるので、注意深く見守りたい」と話している。

(10月31日17時01分)

暮らし・話題(10月31日)