国内外ニュース

台北に「駅弁屋まねき」開店 駅構内、朝から行列

 31日、台北市中心部の台北駅構内にオープンした「駅弁屋まねき」に並ぶ客(共同)  31日、台北市中心部の台北駅構内にオープンした「駅弁屋まねき」に並ぶ客(共同)
 【台北共同】まねき食品(兵庫県姫路市)の「駅弁屋まねき」が31日、台北市中心部の台北駅構内にオープンした。同社として海外で初の駅弁販売店。台湾では日本食が人気で、開店直後から行列ができた。

 販売するのは、焼き魚や鶏の照り焼きなど日本の一般的な弁当(99台湾元=約370円)や、伝統的な幕の内弁当(250台湾元)など計14種類。開店祝いに特製の「招き猫弁当」も用意した。

 午前10時の開店時間の2時間前から並び、最初の購入客となった台北市の主婦は「きのう北海道旅行から戻ったばかり。日本の弁当はご飯がおいしいし、食材も新鮮だ」と話し、まねき猫弁当を買い込んだ。

(10月31日17時15分)

国際(10月31日)