国内外ニュース

コメ作況指数16都県で下方修正 全国は横ばいの100

 農林水産省は31日、2017年産米(水稲)の全国の作況指数(平年=100)が10月15日時点の調査で「平年並み」の100になるとの見通しを発表した。1カ月前の調査から横ばい。ただ地域別に見ると、東北の低温や9月の台風18号などが影響し、16都県で指数が下方修正された。

 台風18号は九州や北陸で下方修正の要因となった。最も下げ幅が大きかったのは4ポイント減の100になった鹿児島。岩手や宮城、新潟なども下げた。一方で北海道や沖縄など7道県は上方修正となり、全国の指数は100を維持した。

 主食用米の予想収穫量は730万9千トンで、9月時点から微減だった。

(10月31日17時36分)

経済(10月31日)