国内外ニュース

業者側から働き掛けか、埼玉 上尾の入札妨害事件

 埼玉県上尾市発注のごみ処理業務を巡る入札妨害事件で、官製談合防止法違反などの疑いで逮捕された市長の島村穣容疑者(73)と市議会議長の田中守容疑者(72)に対し、業者側から入札情報の提供を依頼していたとみられることが31日、県警への取材で分かった。県警は詳しい経緯を調べている。

 業者はさいたま市の設備管理会社「明石産業」。同容疑などで社長の山田明容疑者(82)ら2人が逮捕された。

 県警によると山田容疑者は、「市長から予定価格と最低制限価格を教えてもらう働き掛けをしてほしい」と田中容疑者に依頼し、その後、島村容疑者も同席の場で「教えてください」と頼んだ疑い。

(10月31日17時46分)

社会(10月31日)