国内外ニュース

TPP、NZが残留意向 再交渉から転換

 TPPの首席交渉官全体会合に臨むニュージーランドの首席交渉官=31日午前、千葉県浦安市  TPPの首席交渉官全体会合に臨むニュージーランドの首席交渉官=31日午前、千葉県浦安市
 米国を除いた環太平洋連携協定(TPP)の参加11カ国は31日、千葉県浦安市で2日目の首席交渉官会合を開いた。再交渉の意向を示していたニュージーランドが柔軟姿勢に転じ、参加11カ国の枠組みに残り、11月上旬の大筋合意に向け協議を継続することになった。

 ニュージーランドでは10月下旬、外国人による中古住宅の購入禁止を掲げ、TPP再交渉を訴える新政権が誕生した。日本などほかの参加国は再交渉に乗り出すと妥結が遠のくと反発し、「ニュージーランド抜きでの合意も排除しない」(交渉関係者)とけん制していた。

(10月31日17時56分)

経済(10月31日)