国内外ニュース

MRJ、神鋼製品の変更も データ改ざん問題で三菱重工

 三菱重工業の小口正範最高財務責任者(CFO)は31日の決算記者会見で、神戸製鋼所の製品を使っていたジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)に関し、部品の調達先の変更を検討する考えを示した。部品交換などで負担が生じた場合、費用を請求する可能性も示唆した。

 MRJは、米国で飛行試験をしている機体に性能データが改ざんされたアルミニウム製品を使っていた。小口氏は安全性には問題がないと説明した上で、量産機で採用する部品の調達先は「今のままいくのか、変えるのかどうかは当然、検討の俎上にある」と述べた。

(10月31日18時45分)

経済(10月31日)