国内外ニュース

アンダーアーマーが初の減収 主力の北米が不振

 米アンダーアーマーのランニングシューズ=2016年1月(AP=共同)  米アンダーアーマーのランニングシューズ=2016年1月(AP=共同)
 【ニューヨーク共同】米スポーツ衣料大手アンダーアーマーが10月31日に発表した2017年7~9月期決算の売上高は、前年同期比4・5%減の14億561万ドル(約1600億円)となった。ロイター通信によると、減収は2005年の株式上場以来、初めてとなり、成長を続けてきた業績にブレーキがかかった。

 主力の北米での販売不振が要因で、純利益も57・7%減の5424万ドルと落ち込んだ。アンダーアーマーは、プロ野球巨人のユニホームを手掛けることで知られる。

 全体の約4分の3を占める北米での売り上げが12・1%減り、足を引っ張った。

(11月1日8時46分)

経済(11月1日)