国内外ニュース

WBC、山中選手との再戦指示 ドーピング疑惑のネリ選手に

 山中慎介選手、ルイス・ネリ選手  山中慎介選手、ルイス・ネリ選手
 【ニューヨーク共同】8月の世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチで山中慎介選手(帝拳)にTKO勝ちして新王者となったルイス・ネリ選手(メキシコ)がドーピング検査で陽性反応を示した問題で、WBCはネリ選手に意図的摂取の証拠がないとして、山中選手との即時再戦を交渉するよう命じる裁定を下したと、10月31日付で発表した。

 35歳の山中選手の王座復帰はなくなったが、再戦への道が開けたことで保留している進退が注目される。帝拳ジムの本田明彦会長は8月下旬、再戦以外に現役続行の選択肢はないと発言していた。

(11月1日12時02分)

スポーツ(11月1日)