国内外ニュース

資生堂が純利益下方修正 米子会社立て直し

 資生堂は1日、2017年12月期の連結純利益予想を従来の325億円から100億円に下方修正した。米国の化粧品子会社ベアエッセンシャルの立て直しに伴う減損損失が655億円発生するため。米子会社ゾートスインターナショナルをドイツの化学大手ヘンケルに4億8500万ドル(約550億円)で売却するが、その利益で補えない見通しだ。

 ベアエッセンシャルは北米での事業拡大のため10年に約1730億円で買収したが、当初の計画通りに成長を実現できなかった。収益性が低い北米の直営店を100店規模で閉鎖して費用を減らす。

(11月1日10時46分)

経済(11月1日)