国内外ニュース

自公、首相の所信表明実施へ転換 特別国会で実質審議

 首相官邸に入る安倍首相=1日午前  首相官邸に入る安倍首相=1日午前
 自民、公明両党は1日午前の幹事長会談で、同日召集の特別国会の会期を12月9日までの39日間確保し、安倍晋三首相による所信表明演説と各党代表質問を実施する方針を確認した。これまで会期を11月8日までとして野党に提案してきたが、方針を転換。野党が求める実質審議に応じることとした。

 自民党は当初、特別国会を首相指名や正副議長の選出などにとどめ、年内の臨時国会開催も見送る考えだった。ただ野党側は森友、加計学園問題の解明が必要だとして臨時国会召集を要求。国民の批判が高まるのを回避し、第4次安倍内閣が発足することも踏まえ、実質審議を実施すべきだと判断した。

(11月1日12時10分)

政治(11月1日)