国内外ニュース

近鉄百貨店、創業時の制服で接客 大阪・阿倍野の本店、80周年で

 歴代の制服姿でポーズをとる近鉄百貨店本店の従業員=1日、大阪市  歴代の制服姿でポーズをとる近鉄百貨店本店の従業員=1日、大阪市
 「あべのハルカス」に入る近鉄百貨店本店(大阪市阿倍野区)は1日、16日に創業80周年を迎えることを記念して、復刻した創業時の制服姿で従業員が出迎えたり、歴史を紹介したりする催しを始めた。

 1階の案内所では、従業員が80年前の紺色の制服や40年前の青色の制服を着て接客する。2、3歳の女児向けの制服を用意し、記念撮影もできる。食品売り場や飲食店では限定商品も提供する。

 催し会場では「80年のあゆみ展」と題して約100点の資料を展示。1937年に大鉄百貨店として全館開業した経緯や、45年3月に大阪大空襲で被災した当時の建物の写真などを紹介している。

(11月1日16時50分)

暮らし・話題(11月1日)