国内外ニュース

サッカー新代表エンブレムを発表 全体的にシャープなデザイン

 サッカー日本代表の旧エンブレム(左)と新エンブレム  サッカー日本代表の旧エンブレム(左)と新エンブレム
 日本サッカー協会は1日、日本代表の新しいエンブレムを発表し、従来の白地に赤のラインを背景に三本足の八咫烏がボールをつかむ構図を踏襲しつつ、昨年変更された協会のシンボルマークに合わせて全体的にシャープなデザインとなった。10日にフランスのリールで行われるブラジルとの国際親善試合から新ユニホームとエンブレムを採用する。

 日本協会の価値や発信力を高める一環として、これまで個別のデザインを用いていた主催大会のロゴにも統一感を持たせた。9地域、47都道府県協会のマークも日本協会と同一化した。

(11月1日17時06分)

サッカー(11月1日)