国内外ニュース

JR西、忘れ物の傘2週間で処分 保管場所足りず、12月1日から

 JR西日本は1日、駅で預かった忘れ物の傘について、保管期限を現状の3カ月から2週間に短縮すると発表した。12月1日からで、金沢、大阪、姫路、岡山、福山、広島、新山口、小倉の計8駅が対象。傘は忘れ物に占める割合が多いものの返却率が低く、保管場所が足りなくなっている。

 京都駅でも来年3月から短縮する。JR西によると、忘れ物は駅構内などにある忘れ物センターや警察署で保管している。2016年度に駅や車内で放置された傘は約22万本で、返却率は14%程度だった。今後は2週間保管した後、持ち主が特定できない傘は売却処分する。

(11月1日17時55分)

暮らし・話題(11月1日)