国内外ニュース

運送業者の石綿訴訟が和解、大阪 工場出入りで被害認定

 アスベスト(石綿)の工場に運送業者として出入りし、関連疾患の胸膜中皮腫と診断された大阪府泉南市の男性(67)が、国に1265万円の損害賠償を求めた訴訟が1日、国の全額支払いを条件に大阪地裁(倉地真寿美裁判長)で和解した。

 大阪アスベスト弁護団によると、2014年の泉南アスベスト訴訟最高裁判決の枠組みに基づいた国との和解は工場の元労働者がほとんどで、工場内の業務に直接従事していない運送業者との和解は初めて。

(11月1日18時42分)

社会(11月1日)