国内外ニュース

特別国会、12月9日まで 39日間、代表質問実施へ

 衆院は1日の本会議で、特別国会の会期について12月9日までの39日間とすることを議決した。これに先立つ衆院各派協議会で与野党が合意した。安倍晋三首相の所信表明演説や、各党による代表質問も実施する。所信表明は今月17日を軸に調整する。与党は当初8日間とする方向だったが、30日間の実質審議を求める野党側の要求を踏まえた。

(11月2日0時41分)

政治(11月2日)