国内外ニュース

NYテロ、過激派の手法実践か 「イスラム国」永久とメモ

 米ニューヨーク・マンハッタンで、ピックアップトラックが突っ込んだ現場に残された自転車などの残骸(AP=共同)  米ニューヨーク・マンハッタンで、ピックアップトラックが突っ込んだ現場に残された自転車などの残骸(AP=共同)
 【ニューヨーク共同】米ニューヨークでピックアップトラックが通行人に突っ込み8人が死亡、12人が負傷したテロで、捜査当局は1日、過激派組織「イスラム国」(IS)を支援した疑いなどでサイフロ・サイポフ容疑者(29)を訴追した。使用した車両から、ISは「永久に続く」と書かれたメモが見つかり、携帯電話にはISに関する大量の画像や動画が保存されていた。当局は容疑者がISに感化され、テロ手法を忠実に実践したとみている。

 サイポフ容疑者はウズベキスタン出身。トランプ大統領は、移民に抽選で米国永住権を与える制度を批判、撤廃に向け議会と協議する考えを示した。

(11月2日10時36分)

国際(11月2日)