国内外ニュース

旅券3通と偽名携帯を使用 トランプ選対の元本部長

 【ワシントン共同】ロシア政府による昨年の米大統領選干渉疑惑の捜査に絡み起訴されたトランプ陣営のマナフォート元選対本部長が3通の米国パスポートを所持し、偽名で登録した携帯電話を使っていたことが1日、モラー特別検察官らが裁判所に提出した文書で分かった。逃亡の恐れが強いとして保釈条件の厳格化と70日以内の迅速な裁判の開始を要請した。

 モラー氏はまた、マナフォート氏がロシアのプーチン大統領に近い新興財閥などから巨額の収入を得てきたと指摘。米メディアはマナフォート氏が選対幹部だった数カ月間に自己資産額が大きく変動していると報じた。

(11月2日8時46分)

国際(11月2日)