国内外ニュース

男女平等、日本は114位 政治進出の遅れが最大の原因

 【ジュネーブ共同】ダボス会議で知られるスイスの「世界経済フォーラム」は2日、2017年版「男女格差報告」を発表した。日本は調査対象となった144カ国中114位で、前年より順位を三つ下げ、先進7カ国(G7)で最下位だった。女性の政治進出が遅れているのが最大の原因。

 報告書では日本は政治、経済分野で男性との格差が大きく、特に政治分野(123位)では女性の議員や閣僚が少ないことなどから前年より順位を20下げた。経済分野(114位)も前年より順位を四つ上げたものの、幹部社員の少なさなどの問題が指摘された。

 首位はアイスランド。2位ノルウェー、3位フィンランド。

(11月2日9時31分)

国際(11月2日)