国内外ニュース

オランダ赤十字「ナチスに追従」 ユダヤ人見捨てたと謝罪

 【ブリュッセル共同】オランダの戦争・ホロコースト・大量虐殺研究所(NIOD)は1日、第2次大戦中にナチス・ドイツに占領された際、オランダ赤十字がナチスに「安易に従い」、ユダヤ人を事実上見捨てたとの調査報告を発表した。同赤十字はこれを受け、ナチスの犠牲者と親族へ「深い謝罪」を発表した。欧米メディアが報じた。

 調査は同赤十字からNIODに依頼。報告は、同赤十字が「ユダヤ人迫害について沈黙した」と指摘。ナチスに従ってユダヤ人への輸血を受け付けないなど「主要任務を怠った」と結論付けた。

(11月2日10時16分)

国際(11月2日)