国内外ニュース

タイヤ固定装置の部品も落下 トラックへの取り付け状況を確認

 岡山県津山市の中国自動車道で、トラックの落下物のスペアタイヤ(直径約1メートル)に車で乗り上げて路肩に避難した母と娘が、同じタイヤで横転した大型トレーラーにはねられ死亡した事故で、現場周辺には、タイヤをトラック底部にチェーンで固定する装置の部品も落ちていたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、固定装置はチェーンをタイヤのホイール部分に引っ掛け、ギアで巻き上げる仕組み。現場にはチェーンの他、装置の部品などが落ちており、さびも見られるという。

 県警によると、タイヤを積載物と見なせば運転手が落下の責任を問われる。

(11月2日12時05分)

社会(11月2日)