国内外ニュース

豊洲移転、来年10月中旬に 築地の業界、条件付き合意

 築地市場(東京都中央区)の主要業界団体のトップで構成する「築地市場協会」(伊藤裕康会長)は2日、会合を開き、小池百合子知事が自ら豊洲市場(江東区)の安全宣言をすることなどを条件に、2018年10月中旬に豊洲に移転することで合意した。

 同協会は6日にも都と業界団体でつくる「新市場建設協議会」を開き、都と具体的な日程などを詰めたいとしている。

 築地市場協会は、知事の安全宣言と、都が豊洲市場で実施する追加の土壌汚染対策工事を18年7月末までに終えると確約することを、移転日決定の条件とした。ただ、小池知事は安全宣言を出すことに難色を示しており先行きは見通せない。

(11月2日12時46分)

社会(11月2日)