国内外ニュース

秋田県警巡査の交通違反もみ消し 4人書類送検

 交通違反のもみ消しについて謝罪する扇沢昭宏本部長(左から3人目)ら秋田県警幹部=2日午前、秋田市  交通違反のもみ消しについて謝罪する扇沢昭宏本部長(左から3人目)ら秋田県警幹部=2日午前、秋田市
 秋田県警は2日、能代署員4人が交通違反の取り締まりで、同僚の20代の男性巡査の違反をもみ消したと県議会教育公安委員会に報告した。隠蔽に関わった4人を同日、犯人隠避容疑で書類送検した。

 県警によると9月28日午後11時25分ごろ、いずれも20代の男性巡査長と女性巡査長が能代市内を巡回中、道交法違反(通行禁止)の疑いで停車させた車の運転者が同僚の男性巡査と分かり、摘発しなかった。女性巡査長から指摘され男性巡査長は上司に報告したが、報告を受けた警部と警部補も摘発の指示をしなかった。

(11月2日13時00分)

社会(11月2日)