国内外ニュース

組み体操で中3男子が死亡と提訴 広島、遺族が学校側に損害賠償を

 広島県三原市の広島大付属三原中3年の男子生徒=当時(14)=が2016年6月に死亡したのは運動会の組み体操で学校が事故防止の措置を十分に取っていなかったのが原因として、遺族が2日までに、学校を運営する広島大に約9600万円の損害賠償を求める訴えを広島地裁尾道支部に起こした。

 訴状などによると、男子生徒は16年6月18日、運動会で組み体操に参加。生徒が3段に重なる「移動ピラミッド」の2段目にいたが、演技後にピラミッドが崩壊した。生徒は頭の痛みを訴え、20日未明に体調が悪化し同日午前に脳内出血で死亡したとしている。

(11月2日13時30分)

社会(11月2日)