国内外ニュース

政調費、仙台市議らに返還命令 地裁違法認定で計1200万円

 2011年に当時の仙台市議会5会派と市議2人が受け取った政務調査費(政調費)計約1440万円は違法として、仙台市民オンブズマンが郡市長に対し、市議らに返還請求するよう求めた訴訟があり、仙台地裁は2日の判決で、計約1230万円を返還請求するよう命じた。

 判決理由で大嶋裁判長は「会派や市議側は、政調費を実際に調査研究のため使ったかどうか、客観的資料に基づき立証する必要がある」と指摘。立証できない場合は、市議会の手引などに基づき、経費全体の2分の1を超える部分の支出は違法と判断した。

 その上で、11年4~8月に市議らが支出した大半を「違法な支出」と認定した。

(11月2日17時00分)

社会(11月2日)