国内外ニュース

現金強奪「出来レースと聞いた」 一部容疑者、福岡県警は否定

 福岡市中央区で今年4月、現金約3億8千万円が奪われた事件で、容疑者の一部が「被害者側も合意した『出来レース』と別の容疑者から説明を受けた」という趣旨の話をしていることが2日、分かった。福岡県警は、被害者側の合意はないとし、事件前の容疑者間のやりとりを調べる。

 関係者によると、容疑者の一部は「事件当日になり話が違うと思ったが、流されるまま行動した」などと話しているという。受け取った報酬が10万円だけだったと明かす容疑者もおり、県警は現金の分配状況も調べる。

 県警は10月31日、強盗致傷容疑で東房義昭容疑者(44)や平井啓太容疑者(25)らを逮捕した。

(11月2日18時05分)

社会(11月2日)