国内外ニュース

年金運用、黒字4・4兆円 7~9月期、株高円安で

 厚生年金と国民年金の積立金を市場で運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2日、今年7~9月期の運用結果は4兆4517億円の黒字で、利回りは2・97%だったと発表した。黒字は5四半期連続。世界的な株価上昇や円安の効果を受け、運用が好調だった。

 2001年の自主運用開始以降、累積収益額は62兆9272億円、9月末時点の資産総額は156兆8177億円と、ともに過去最高額となった。

 資産別の運用実績は、外国株式が2兆349億円、国内株式が1兆7959億円、外国債券が5399億円、国内債券が748億円のいずれも黒字となった。

(11月2日21時51分)

経済(11月2日)