国内外ニュース

全副大臣・政務官を再任 第4次内閣、継続性重視

 安倍首相(前列左から3人目)と記念撮影する副大臣ら=2日夜、首相官邸  安倍首相(前列左から3人目)と記念撮影する副大臣ら=2日夜、首相官邸
 政府は2日の閣議で、第4次安倍内閣の副大臣25人と政務官27人の人事を決定した。8月の内閣改造から約3カ月しか経過しておらず、政策遂行の継続性を重視し、全員再任した。安倍晋三首相は官邸で開かれた初めての副大臣会議で「持てる力を全て注ぎ込み、一丸となって国民のための政治に尽力することを期待する」と呼び掛けた。

 同時に「謙虚な姿勢で真摯な政権運営に全力を尽くし、政策の実行にまい進する」と重ねて決意を表明。北朝鮮の脅威に対しては「国民の信任を背景に国際社会と連携し、力強い外交を展開する。いかなる事態にあっても国民の平和な暮らしを守り抜く」と語った。

(11月2日21時37分)

政治(11月2日)