国内外ニュース

中国からアクセス遮断、独出版社 「台湾」など含む一部文章

 【北京共同】ドイツに拠点を置く国際的な学術出版企業シュプリンガー・ネイチャーが運営するサイトが、「台湾」などの特定の言葉が含まれる文章について中国からのアクセスを遮断する措置を取ったことが分かった。中国の法令に従ったとしている。英紙フィナンシャル・タイムズ電子版などが2日までに伝えた。

 同社は世界的に権威のある科学誌「ネイチャー」を傘下に持つ。海外の出版社サイトを巡る中国の言論統制では、英ケンブリッジ大出版局が今夏、一部論文について中国からの接続を一時遮断して問題になった。

(11月2日21時45分)

国際(11月2日)